喉に負担の無いベストな声で歌おう!

世界に一つのあなたの喉に最適な声の出し方を学びましょう!

ボイストレーニングって何?

「ボイストレーニング」とは発声の基礎を学ぶ事です。

ボイストレーニングの目的は、

喉を痛めず健康的な発声
効率良い発声
歌の表現の幅を広げる
声の調整・メンテナンスをする
声を出す為の筋トレ
を習得する等々、色々有ります。

"発声の基礎"の「ボイストレーニング」と"表現方法や音楽のジャンル"の「スタイル」とは別に分類します。
声を出す基礎を学ぶ「ボイストレーニング」は、音楽のジャンル・性別・年齢・歌の経験等など関係なく、どなたでも行えます。
Benicia Vocal Studioでは、この「ボイストレーニング」を中心にレッスンをします。

図解するとこんな感じです↓

[表現]
[音楽のスタイル]
[ビブラート]
[発声のバランス]
[安定した音程]
下から積み上げて行くイメージです。この下の基礎部分の[音程][バランス][ビブラート]をボイストレーニングで学びます。
([ビブラート]に関してはジャンルによって[音楽のスタイル]に含まれる事も有ります。)
基礎になる3つを習得すると、その上に[スタイル][表現]を乗せ易く出来ます。

具体的に、ボイストレーニングの習得の目標はと言うと、
低い音から高い音まで繋がって声を出せる。
低音の安定
高音の開発
喉の負担を掛けずに声量アップ
自分の喉に合った自然な声を出す
等々です。

また、レッスン中に少し発声のメカニズムの話も簡単にします。
実際に自分の歌に何が起こっているかを理論的に知る事は、その後の自分の歌の分析に役に立ちます。
ただし、難しい理論や専門用語を覚える必要は有りませんので、安心して下さいね。

「スタイル」は教えてくれるの?

レッスンの基本は、ボイストレーニングに重点を置いていますが、
様々なジャンルを歌ってきた経験を生かし、それぞれの「スタイル」「表現」の指導もします。

特に演歌に関しては、プロ仕様の表現方法を指導します。(=演歌コース)

ボイストレーナーの私がボイストレーニングをして良かった事

歌える歌のジャンルが増えた。女性ボーカルの歌も歌える様になった。
声で表現がし易くなった。
ハードロックも、以前より喉に負担を掛けずにパワフルに歌える様になった。
自分の歌の録音を聴いても、単に凹む事無く、理論的に何が起こっていたかを分析出来る様になった。
風邪等の喉の不調時に、加減をしながら歌える様になり、その後に喉の状態を悪化させる事がなくなった。
新しいジャンル(スタイル)の習得が速かった。

そして、何より、歌う事がもっともっと好きになりました!